Japan Impact Investment Taskforce / G8インパクト投資タスクフォース 日本国内諮問委員会

G8インパクト投資タスクフォース 日本国内諮問委員会

EVENT

Categories
最近の記事

社会的インパクト投資シンポジウム 出展ブースのご紹介

13 May 2015  

2015年5月29〜30日に開催するシンポジウムに、関連する多数の団体のブースが出展します!
今回出展するのは、まさに社会的インパクト投資シンポジウムにふさわしく、国内外で様々な分野で活躍している団体です。
ご参加者の皆さまにとって有意義な二日間になるよう、こちらのページに現在出展が確定している団体の紹介文を掲載しますので是非ご覧ください。

シンポジウム当日は出展ブースを常時ご覧いただけます。コアタイムとしてはプログラム開始前と終わりのお時間、さらに1日目のランチタイムでございます。

booth1.jpg

アーク東短オルタナティブ株式会社
URL: http://www.ark-aaa.jp

日本で初めて責任投資原則に署名したプライベート投資専門業者で、105年の歴史を有する東短ホールティングのグループ会社です。
プライベート投資に関する、豊富な知識、経験、スキルを最大限活用して、機関投資家の皆様に最適な資産運用をご提供する「ゲートキーパーサービス」、優良なプライベート・ファンドを厳選し、機関投資家の方々にご紹介する「ファンド資金募集サービス」、現在保有するプライベート・ファンドの譲渡、売却の手伝いをする「ファンド流動化サービス」の3つの業務を提供し、経済の発展、社会への貢献を目指しています。業務提携等によるグローバル・ネットワークも活用しながら、プライベート投資に関する最高品質のサービスをご提供しています。

booth2.jpg

アジアン・ベンチャー・フィランソロピー・ネットワーク(AVPN)
URL: http://www.avpn.asia

 革新的フィランソロピーと社会的投資の普及啓発をミッションとする、シンガポールに本部を持ち、アジア全域に渡るメンバー組織です。活動として年次総会やセミナー・ワークショップの開催の他、ネットワーキング、学習とベスト・プラクティスの共有に注力しています。AVPNは2012年に設立され、28カ国において200以上のメンバー組織が加盟しています。姉妹組織に、欧州の20カ国以上に130以上の加盟組織を持つヨーロピアン・ベンチャー・フィランソロピー・アソシーエーション(EVPA, www.evpa.eu.com)があります。

booth3.png

NPO法人ARUN Seed
URL: http://www.arunllc.jp

2009年より日本から途上国の社会的企業へ社会的投資を実施。カンボジアに現地オフィスを置き、インドの現地企業ともパートナーシップを結ぶ。設立以来の5年間で、カンボジアの有機農業、ヘアエクステンション、ソーラー事業、インドのヘルスケア事業などに総額1億円を超える社会的投資を実施した。社会的インパクト評価方法を確立。今後はグローバルな動きを日本と繋いでいくと共に、第二フェーズとして、アジアのソーシャルビジネスと日本を結ぶ新たな社会的投資の仕組みにチャレンジする。

momo.png

コミュニティ・ユース・バンクmomo
URL: http://www.momobank.net

2005年に20~30代の若者が中心となって設立した東海地方初のNPOバンク。配当のない出資金約5,000万円を原資に、愛知・岐阜・三重県内のNPO等に1億2千万円超(52件)の融資を貸倒れなく実行(2015年3月末現在)。ここ数年は地域金融機関との連携を進め、信用金庫職員がボランティアでNPO等に参画する「プロボノプロジェクト」の推進、日本政策金融公庫とのソーシャルビジネス向け協調融資の実行、地方公共団体や金融機関等との「ソーシャルビジネスサポートあいち」の設立、地域金融機関によるNPO支援を促す『お金の地産地消白書2014』の発行等、NPOと地域金融機関のギャップを埋める取組みも手掛ける。

booth4.jpg

コモンズ投信
URL: http://www.commons30.jp

持続的成長を促す善いお金を会社に循環させるという想いで2008年に産声を上げた独立系投信会社です。
「企業の長期的な成長」と「皆さんの長期的な資産づくり」を両面で応援する2つのファンドを運用しています。
また、投資を通じて発生する信託報酬の一部を社会起業家に寄附する活動も行っています。
寄附も新たな価値を創造し世代を超えてよりよい明日を築くための投資であると私たちは考えます。
ご自分の将来のために。お子さんの将来への資金づくりに。
私たちコモンズ投信は、人生という長い時間軸で投資を考える方のパートナーでありたいと願っています。
ひとりでも多くの方とホームページやセミナーでお会いできるのを楽しみにしています。
コモンズ投信で、投資をはじめてみませんか?
今日よりもよい明日のために。ゆっくりとしっかりと共に進みましょう。
Share the Vision!

booth5.jpg

日本ベンチャー・フィランソロピー基金/
ソーシャル・インベストメント・パートナーズ

URL: http://www.jvpf.jp

日本ベンチャー・フィランソロピー基金(JVPF)は資金提供と経営支援を通じて社会的事業を行う組織の成長をサポートし、社会的インパクトを拡大する為に設立された国内初の本格的なベンチャー・フィランソロピー(VP)基金です。短期的な支援から長期的な投資へ、お金だけの支援から人的サポートへ、プロジェクトの支援から組織基盤の強化へ。私たちが目指すのは社会貢献活動のパラダイムシフトです。

dal.png

ダルバーグ/Dキャピタル
URL: http://www.dalberg.com
URL: http://www.dcapitalpartners.com

ダルバーグは、国際開発と途上国進出支援に特化した戦略コンサルタントです。エネルギー、水、保健衛生、教育といった世界規模の課題解決や、発展途上国の人々の生活水準向上のためのアドバイスを提供しています。途上国の現場での豊富な経験と経営コンサルティングの分析手法を用い、国際機関、政府、 財団、NGO、民間企業の事業活動を幅広く支援しています。主なサービスとして、1)課題解決に向けた戦略やアプローチの策定、2)組織内部のプロセスや組織体制の改善、3)グローバルな市場分析と市場参入に向けた戦略策定、等を行っています。世界14カ所に拠点を持ち、200名を超えるコンサルタントが勤務しています。

Dキャピタルはダルバーグのインパクト投資部門として、発展途上国におけるエネルギー、水、保健衛生、教育といった発展課題解決のために、より多くの資金が投資される事を目指しています。具体的には投資戦略アドバイスや取引案件の発掘や実施、革新的かつ効率的なファイナンスストラクチャーの構築や資金調達、ポートフォリオマネジメント等多岐にわたるアドバイスを提供しています。

booth8.jpeg

日本政策金融公庫
URL: http://www.jfc.go.jp

株式会社日本政策金融公庫(略称:日本公庫)は、100%政府出資の政策金融機関として、中小企業・小規模事業者、農林水産業者への事業資金融資等を行っています。
日本公庫 国民生活事業では、政府の成長戦略等に基づき、地域や社会を取り巻く課題を解決しようとするソーシャルビジネスを営む社会的企業、NPO等への支援に取り組んでおり、平成26年度のソーシャルビジネス関連融資実績は、500億円を超えました。
また、地方公共団体やNPO支援機関等と連携してソーシャルビジネス向けの経営支援セミナーを全国で実施しており、平成26年度は、約1,300名の方にご参加いただきました。

booth9.jpg

日本ファンドレイジング協会
URL: http://jfra.jp

日本ファンドレイジング協会は、2009年に日本全国47都道府県から580人の発起人の賛同を受け、善意の資金(寄付から社会的投資まで含みます)10兆円時代の実現を目指して設立。認定ファンドレイザー資格制度やファンドレイジング・日本、寄付の教室の運営、寄付白書の発行などに取り組んでいます。
また、日本の社会的投資の最前線で挑戦している実務家が集まり、「社会的投資促進フォーラム」を発足(2014年3月:事務局:日本ファンドレイジング協会)。同年10月に社会的投資市場形成に向けた今後のシナリオと必要な取り組みをまとめた「社会的投資市場形成に向けたロードマップ」を発表しました。

acumen.png

アキュメン東京チャプター
URL: http://acumen.org/
   http://tokyo.plusacumen.org/
   https://www.facebook.com/AcumenTokyoChapter

Acumenは「事業・リーダー・思想の普及への投資を通じ貧困問題への取り組みを変える」ことを目的に、ビジネスの手法により世界の貧困問題の解決を目指す、非営利のグローバルベンチャーファンドです。2001年より社会的投資を行い、90億円を超える投資をアフリカ/ラテンアメリカ/南アジアの82社へ実施しました。現在では投資のみならず、「+ACUMENコース」(受講者は10万人を突破)等のプログラムを運営し、社会課題の解決に取り組む起業家・リーダー育成に力を入れています。Tokyo+Acumenは、Acumenの活動・理念に賛同する有志で結成され、その理念・活動の普及とファンドレイジングに取り組んでいます。

seibu.png

西武信用金庫
URL: http://www.seibushinkin.jp/

地域の成長、発展を目的に平成15年にNPOを対象として西武コミュニテイローンの取り扱いを開始。平成17年より社会貢献事業先に西武コミュニテイオフィスを提供。平成20年より定期預金の利息を活用した助成金を環境保全に勤めるNPO等92先へ1,702万円、社会貢献事業41先へ922万円寄付。平成25年に西武ソーシャルビジネス成長応援融資「CHANGE」(上限500万円 固定金利0.1%)の取り扱いを開始。平成27年3月末までに26先 約1億2,000万円の融資を行い、27年4月には上限5,000万円 固定金利1.0%の「社会変革応援コース」を新設し、社会インパクトの拡大を支援している。

fundrex.png

株式会社ファンドレックス
URL: Fundrex:http://fundrex.co.jp    newdea:http://fundrex.co.jp/newdea/

株式会社ファンドレックスは、NPOや公益法人、社会起業家に特化したコンサルティング会社です。社会のために活動しているNPOや社会起業家、或いは、NPOや社会起業家を応援することに関心のある人、それぞれに対して最適のソリューションを提供するため、各分野の最高の専門家を組織化し、あらゆるニーズに対応できる柔軟な体制を構築してサービスを提供しています。
4月24日には、世界130ヵ国以上の支援の現場で採用されている、プロジェクトの成果とプロセスを可視化するプラットフォームである"newdea"をリリース。ファンドレックスのブースでは、「社会的インパクト評価を仕組み化するクラウドサービス"newdea"」を、実際の画面を使ってご紹介します。

pri.png

PRI Association
URL: http://www.unpri.org/

国連が支援する責任投資原則PRIイニシアティブは、投資家が環境、社会、コーポレートガバナンス(ESG)問題を理解して投資の意思決定や株主としての行動に組み込み、長期的な投資パフォーマンスを向上させ、受託者責任をより果たすことを目的としている国際的なネットワークです。PRIには具体的にはシンプルな6つの原則があり、投資が原則を実践するためのサポートや、国際的な連携が図られています。原則を実践することにより、署名機関は、持続可能な金融システムの発展に貢献します。PRIは、国連環境計画・金融イニシアティブ、国連グローバルコンパクトとパートナーシップを結んでいます。現在、世界50ヵ国1300以上の機関が署名しています。

fairfinance.png

Fair Finance Guide Japan
URL: http://fairfinance.jp

私たちがお金を預けている銀行は、様々な企業に投融資を行なっているが、その投融資先の中には、環境破壊や人権侵害等の社会問題に関与する企業が含まれているケースもある。そこでFair Finance Guide では、大手銀行の投融資方針について「社会性」の視点から13テーマにわたる格付けを実施し、ウェブサイトで公開。これにより、預金者はどの銀行がよりフェアな方針をもっているかを知ることができ、銀行側も自社のCSRの水準を把握できる。この活動は、世界7ヶ国(日本、フランス、オランダ、スウェーデン、ベルギー、インドネシア、ブラジル)でのグローバルなキャンペーンに発展しており、オランダでは既に銀行の投融資方針が160以上の項目で改善される等の成果を上げている。
なお、日本ではA SEED JAPAN、「環境・持続社会」研究センター、アジア太平洋資料センターの3団体が共同してFair Finance Guideを運営している。

mitsubishi.png

三菱商事株式会社/三菱商事復興支援財団
URL: http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/
http://mitsubishicorp-foundation.org/

三菱商事株式会社は、企業理念である「三綱領」における所期奉公の精神の下、震災発生直後から復興支援活動を展開してきた。2012年3月には、より柔軟かつ継続的に支援活動を行うため三菱商事復興支援財団を設立(同年5月、公益財団法人の認定を取得)。被災地の力強い復興に向け、地元の金融機関などと協働し、事業再建や新規事業立ち上げを目指す合計44の事業者に対して約20億円の投融資を実行してきた。利益を目的とした投資とは一線を画し、事業が軌道に乗って利益を出すまでは配当を猶予。配当が実現した場合にも、配当分は財団の内部には留保せずに被災地域に再投資し、復興支援の資金が被災地で循環することを目指している。