Japan Impact Investment Taskforce / G8インパクト投資タスクフォース 日本国内諮問委員会

G8インパクト投資タスクフォース 日本国内諮問委員会

REPORT

Categories
最近の記事

「超高齢化社会の日本における社会的投資の意義」

29 May 2015  

鼎談 10:55〜11:55 (会場A)
「超高齢化社会の日本における社会的投資の意義」

登壇者:ロナルド・コーエン G8社会的インパクト投資タスクフォース委員長
      小宮山 宏 G8社会的インパクト投資タスクフォース国内諮問委員会委員長
            三菱総合研究所理事長
      鵜尾 雅隆 G8社会的インパクト投資タスクフォース国内諮問委員会副委員長
            日本ファンドレイジング協会代表理事(モデレーター)

世界で注目される社会的インパクト投資が超高齢化社会の日本の社会課題に対してどのように貢献できるのか?日本の現状と日本における社会的インパクト投資の重要性について小宮山委員長から日本の現状認識とこれからの社会的インパクト投資の必要性について説かれました。
モデレーターの鵜尾氏からはシンポジウム当日に発表となった提言書の内容も紹介し今後日本で必要なアクションについて問題提起頂きました。

小宮山先生から日本の現状と、社会的インパクト投資に対する期待をお話頂き、それを受けコーエン卿からG8社会的インパクト投資タスクフォースの委員長として、各国の推進状況などをシェア頂きました。

モデレーターの鵜尾副委員長から7つの提言についてご説明頂き、それを受け社会的インパクト投資を日本で進めるにあたっての期待・課題などを小宮山委員長とコーエン卿にそれぞれコメント頂きました。