Japan Impact Investment Taskforce / G8インパクト投資タスクフォース 日本国内諮問委員会

G8インパクト投資タスクフォース 日本国内諮問委員会

Categories
最近の記事

2018年2月19,20日に社会的インパクト投資フォーラム2018を開催します。

02 Feb 2018  

GSG国内諮問委員会、一般財団法人社会的投資推進財団、公益財団法人笹川平和財団は、2018年2月19~20日に社会的インパクト投資フォーラム2018を開催します。

【イベント詳細ページ】

http://iif2018.site

【チケット購入ページ】

http://eventregist.com/e/iif2018

プレスリリース_PDF】
報道関係の方はこちらをご覧ください。

【概要】

金融機関、政治関係者、ビジネスリーダー、シンクタンクをはじめとした分野の垣根を超えた社会的インパクト投資の実施者を迎え、社会的インパクト投資を推し進める条件や、主要ステークホルダー(政府、財団、シンクタンク、投資家、金融機関、社会的事業者)それぞれの社会的インパクト投資市場構築における役割など、日本における社会的インパクト投資の今後の可能性を紐解きます。

本フォーラムの開催に合わせて、社会的インパクト投資の世界的な第一人者であるロナルド・コーエン卿(Global Social Impact Investment Steering Group 会長)が、2015年に開催された社会的インパクト投資シンポジウム以来初めて来日し、日本の社会的インパクト投資市場、及び2020年を区切りとした世界的な社会的インパクト投資の広がりについてお話いただきます。
また、社会的インパクト投資の現状をまとめた「日本における社会的インパクト投資の現状2017」も公開いたします。

すでに社会的インパクト投資に取り組まれている方、社会的インパクト投資に興味を持ち始めた方、そして資金提供者・需要者どちらの方々にも有意義なセッションを準備しておりますので、是非ともご参加ください。

日時:  2018年2月19,20日
会場: 笹川平和財団ビル10F,11F   地図の確認はこちら 
参加費: 両日参加 10,000円 1日のみ参加 8,000円
共催: GSG国内諮問委員会 公益財団法人笹川平和財団 一般財団法人社会的投資推進財団
メインパートナー: Global Social Impact Investment Steering Group(GSG)
スポンサー: エボリューション・ファイナンシャル・グループ 株式会社みずほ銀行 株式会社三井住友銀行
メディアパートナー: 株式会社朝日新聞社
企画・協力:

特定非営利活動法人日本ファンドレイジンング協会 一般社団法人C4

後援:

内閣府地方創生推進事務局

お申し込み:

こちらからご登録ください。

プログラム:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※スピーカー等は調整中、英語音声は日本語への同時通訳あり

2月19日(月)

09:00     

開場・受付開始

09:30-09:40    

主催者挨拶

公益財団法人笹川平和財団 理事長 大野修一

09:40-10:00

歓迎基調講演:新に持続可能な未来型資本市場の構築に向けて

GSG国内諮問委員会委員長 小宮山宏(株式会社三菱総合研究所 理事長)

10:00-10:40  

基調講演:社会的インパクト投資の旅:2020年までのロードマップ

Global Social Impact Investment Steering Group(GSG)会長 ロナルド・コーエン卿

対談:株式会社朝日新聞社 常務取締役 西村陽一氏

10:40-12:00  

パネル・ディスカッション:成長する社会的インパクト投資への需要と金融機関の役割

株式会社三井住友銀行 常務取締役 工藤禎子氏
Morgan Stanley Institute for Sustainable Investing 共同代表 ヒラリー・アービイ氏
モデレーター:一般社団法人C4 代表理事 ザビエル・アーノド

12:00-13:00  休憩(昼食はご用意がありません)

13:00-13:15  

基調講演:日本の社会的インパクト投資市場構築に向けて

内閣府副大臣(経済財政政策・金融担当)越智隆雄氏

13:15-14:30  

パネル・ディスカッション:地方早生と社会的インパクト投資-地方金融の役割

内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 地方創生総括官 唐澤剛氏
京都信用金庫 専務理事 榊田隆之氏
モデレーター:一般社団法人全国コミュニティ財団協会 会長 深尾 昌峰氏

14:30-14:45  休憩

14:45-16:00  

パネル・ディスカッション:日本における社会的インパクト投資のエコシステム

あすかホールディングス株式会社 取締役会長 谷家衛氏
新公益連盟 幹事 宮城治男氏(特定非営利活動法人ETIC. 代表理事)
GSG国内諮問委員会委員 鵜尾雅隆氏
(特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会 代表理事) 
モデレーター:一般財団法人社会的投資推進財団 代表理事 青柳光昌

 

2月20日(火)

09:00     

開場・受付開始

09:30-09:40  

オープニングスピーチ

09:40-10:00  

パネル・ディスカッション:社会的インパクト投資の先駆者として

Aavishkaar 会長 ヴィニート・ライ氏
Toniic 共同創設者 チャーリー・クライスナー氏

Triodos Investment Management 取締役会長 マリロー・ヴァン・ゴルステイン・ブラウアー氏
モデレーター:公益財団法人国際金融情報センター 理事長 玉木林太郎氏

10:40-11:40  

パネル・ディスカッション;ジェンダーレンズと社会的インパクト投資

Catalyst at Large 創設者 スーザン・ビーゲル氏
Investing in Women  ジェームズ・ソーカムネス氏
KL Felicitas Foundation 共同創設者 リサ・クライスナー氏
モデレーター:OECD Directorate for Science, Technology and Innovation 
カレン・ウィルソン氏

11:40-12:40  休憩(昼食はご用意がありません)

12:40-14:10  

分科会:日本の社会課題解決に挑む革新的ビジネス(60分発表/30分Q&A)

1.高齢化社会とヘルスケア

登壇者:株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ 代表取締役 青木武士氏
株式会社キャンサースキャン 代表取締役 福吉潤氏
株式会社ケアプロ 代表取締役社長 川添高志氏
ポラリス株式会社 代表取締役 森剛士氏
モデレーター:一般財団法人KIBOW インパクト・インベストメント・チーム 
ディレクター 山中礼二氏

2. 子育てと教育

登壇者:株式会社ママスクエア 代表取締役 藤代聡氏
ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野雄介氏、
株式会社Kids Public ファウンダー兼CEO 橋本直也氏
モデレーター:一般社団財団社会的投資推進財団 シニア・オフィサー 菅野文美

3. 地方創生

登壇者:鎌倉投信株式会社 取締役 資産運用部長 新井和宏氏
仙台市役所 経済局 産業政策部 地域産業支援課 企業支援係 起業支援担当主任
白川 裕也氏
飛騨信用組合 常勤理事 総務部長 古里圭史氏
モデレーター:一般社団法人MAKOTO 代表理事 竹井智宏氏

14:10-14:30  休憩

14:30-16:00  

分科会:社会的インパクト投資のファイナンシング手法 (60分発表/30分 Q&A)


1. ソーシャルインパクトボンド(SIB)

登壇者:プラスソーシャルインベストメント株式会社 代表取締役 野池雅人氏
株式会社みずほ銀行 法人業務部 新規事業推進室 参事役 ソーシャルビジネスデスク
末吉光太郎氏
株式会社三井住友銀行 成長産業クラスター 業務開発グループ長
上遠野宏氏
モデレーター:公益財団法人日本財団 経営企画部 ソーシャルイノベーション推進チーム 
藤田滋

2. 金融商品とプラットフォーム

登壇者:新生企業投資株式会社 インパクト投資チーム シニアディレクター 黄春梅氏

ミュージックセキュリティーズ株式会社 代表取締役 小松真実氏

モデレーター:一般社団法人C4 ディレクター 伏見崇宏氏

3. 社会的インパクト評価

登壇者:株式会社キュア・アップ 取締役COO 宮田尚氏

一般社団法人ソーシャル・インベストメント・パートナーズ 共同代表理事 白石智哉氏

モデレーター:特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会 事務局長 鴨崎貴泰氏

16:00-16:15  休憩

16:15-17:00  

パネル・ディスカッション:社会的インパクト投資の更なる推進に向けて

Global Social Impact Investment Steering Group (GSG) 会長 ロナルド・コーエン卿             公益財団法人笹川平和財団 ジェンダー・イノベーション部 グループ長 小木曽麻里
一般財団法人社会的投資推進財団 常務理事 工藤七子
モデレーター:株式会社朝日新聞社 報道・編集局室報道局デスク 北郷美由紀氏

17:00    

閉会のご挨拶                                       

一般財団法人社会的投資推進財団 代表理事 青柳光昌 

 
【GSG国内諮問委員会(旧G8社会的インパクト投資タスクフォース)について】

G8社会的インパクト投資タスクフォース(The Social Impact Investment Taskforce)は2013年6月のG8サミットのサイドイベント・社会的投資フォーラムで、キャメロン英首相の呼びかけで発足された。G8諸国の政府・金融・ビジネス及び慈善事業など各業界のリーダーが集まり、社会的投資市場の発展を促進する施策を議論することを目的としている。メンバーはG8各国からの政府代表、民間代表の各1名ずつから成り、日本からは外務省経済局経済協力開発機構室長が政府代表、日本財団常務理事が民間代表としてメンバーに登録している。2014年9月13日に、社会的投資市場の発展のための施策や制度をまとめたレポートを世界同時に公開。タスクフォースのサブ組織として各国が国内諮問委員会を組成しており、日本でも2014年7月より活動を開始、国内で必要な施策を調査・検討中。2015年、2016年に日本における社会的インパクト投資の現状をまとめた「社会て金箔と投資の拡大に向けた提言書」「日本における社会的インパクト投資の現状2016」を発表し、社会的インパクト投資フォーラム2018の開催に合わせて、「日本における社会的インパクト投資の現状2017」を発表予定。

 

【GSG国内諮問委員会メンバー】(2017年11月時点)
委員長: 小宮山宏 三菱総合研究所理事長
副委員長: 鵜尾雅隆 日本ファンドレイジング協会代表理事
委員: 有馬充美  株式会社みずほ銀行 執行役員
大野修一 公益財団法人笹川平和財団理事長、一般財団法人社会的投資推進財団非常勤理事
渋澤健 株式会社コモンズ会長、公益財団法人渋澤栄一記念財団理事、経済同友会幹事
白石智哉 一般社団法人ソーシャルインベストメントパートナーズ代表理事
深尾昌峰 全国コミュニティ財団協会会長、株式会社PLUS SOCIAL代表取締役
藤村武宏 三菱商事株式会社 サステナビリティ推進部長
三木谷浩史 新経済連盟代表理事
山田順一 独立行政法人国際協力機構(JICA)理事
 
 
【ロナルド・コーエン卿について】

ビッグソサエティ・キャピタル(英国)創設者、ポートランド・トラスト(2003~)、ブリッジズ・ベンチャーズ(2002~2012)創設者・会長、英国ソーシャルファイナンス(2007~2011)、米国ソーシャルファイナンス(2010~)の創設者・理事長。英国ベンチャー・キャピタル協会の創設者・元会長、欧州ベンチャー・キャピタル協会の創業者。EASDAQ(欧州店頭株式市場)創業者で元副会長、欧州NASDAQの全代表も務める。
オックスフォード大学及びハーバード・ビジネス・スクール卒業後、26歳で後のエイパックス・パートナーズ(Apax Partners)の前身となる企業を創業。33年後に会長を退いた時点でエイパックスは8カ国に300人のスタッフを抱え400億ドル以上の投資規模と質の高い投資実績を誇るヨーロッパ最大のプライベート・エクイティに成長していた。
英国の社会的投資タスクフォース、休眠資産委員会の会長を務める他、オックスフォード大学の投資委員会、ハーバード大学の資産管理組織のメンバーである。エジプトに生まれ、妻と2人の子どもと共にロンドンに在住。

20150407-03.jpg