GSG 日本国内諮問委員会

G8インパクト投資タスクフォース 日本国内諮問委員会

REPORT

Categories
最近の記事

「日本におけるインパクト投資の現状2019」を公開しました。

10 Apr 2020  

Global Steering Group for Impact Investment (GSG)国内諮問委員会(以下、GSG国内諮問委員会)は、インパクト投資※1の現状をまとめたレポートを本日、公開しました。

レポートはこちらからダウンロードください。

本レポートは、日本のインパクト投資市場の市場規模、主要なプレイヤー、世界各国におけるインパクト投資に関わる政策と状況、注目トピックス等をまとめています。

サマリー

・GSG国内諮問委員会による2019年度のアンケート調査の結果、日本における社会的インパクト市場の投資残高は、少なくとも4,480億円あることが確認され、2018年度調査の3,440億円を上回った。

・インパクト投資を実施した団体のうち、新たにインパクト投資を実施した団体が全体の約1/3を占め、インパクト投資のプレイヤーが幅広く拡大していることが把握できた。

・ 2019年に開催されたG20大阪サミットの首脳宣言において「ブレンディッド・ファイナンスを含むその他の革新的資金調達メカニズムが各国の共同の取組を高めていく上で重要な役割を担う」と言及された他、安倍総理のスピーチにおいても、「日本は、地球規模課題の解決に必要な資金確保のため、社会的インパクト投資や、休眠預金を含む多様で革新的な資金調達の在り方を検討し、国際的議論の先頭に立つ考え」であることが明言されるなど、政策面においてもインパクト投資の議論が展開された。

※1本年度報告書より、GSG国内諮問委員会における議論を踏まえ、「インパクト投資」の呼称を使用しているが、昨年度までの「社会的インパクト投資」と同義である

gsg-2019.png