SOCIAL

  • facebook
  • youtube

About Impact Investing インパクト投資について

投資分野と手法

インパクト投資の投資先は、教育・医療やヘルスケア、再生可能エネルギー分野など、実にさまざまです。またその投資手法も極めて多様です。
ここでは、インパクト投資の世界的なネットワークであるGIINが2019年に実施したアンケート調査と、GSG国内諮問委員会が2019年に実施したアンケート調査を基に、投資先分野や投資手法を解説します。

投資先分野

以下の図は、インパクト投資の投資先分野を、世界と日本で対比させたものです。
これを見るとGIINの調査では、「食料の安定確保/持続可能な農業」、「再生可能エネルギー」、「健康/医療」、「教育」の各分野への投資が多いことがわかります。
一方、日本では、「教育」、「健康/医療」、「IT/先端技術」、「女性活躍推進」の各分野への投資が多いことがわかります。注1注2

投資先の分野(日本・世界)
投資先の分野(日本・世界)_pc

(出典)日本におけるインパクト投資の現状2019(p.20)

注1)なお、「女性活躍推進」「気候変動への適応」の2つの分野は、世界全体を対象とする調査では、選択肢として設定されていません。

注2)日本を対象とする調査結果では、n数が12件と少ないことにご留意下さい。

投資手法

投資手法について、GIINの調査では「非上場株式」の割合が最も高く、次いで「融資・公債以外の債券」が続いています。一方日本では「融資・公債以外の債券」「上場株式」「非上場株式」を用いた投資が多く行われています。

投資手法(日本・世界)
投資手法(日本・世界)_pc

(出典)日本におけるインパクト投資の現状2019(p.21)

NEWS

GSG国内諮問委員会の活動に関する最新情報や、
インパクト投資に関するリソースやレポートをご紹介します。

VIEW MORE
「日本におけるインパクト投資の現状と課題 -2020年度調査-」の英語版とYouTube解説動画を公開しました。
最新情報

「日本におけるインパクト投資の現状と課題 -2020年度調査-」の英語版とYou...

    最新情報

    「日本におけるインパクト投資の現状と課題 -2020年度調査-」を公開しました。

      その他

      「日本におけるインパクト投資の現状2019」修正版を公開しました。

        その他

        「日本におけるインパクト投資の現状2019」の公開中止について

          その他

          チケット購入サイト「Peatix」に対する不正アクセスに伴う事象について(ご報告...

            インパクト投資の情報を
            SNSでも発信しています

            • facebook
            • youtube