SOCIAL

  • facebook
  • youtube

News 最新情報

インパクト投資に関する最新のニュースやイベント、活動レポートをご紹介します。

最新情報一覧

  1. 「日本における社会的インパクト投資の現状2018」を公開しました!
    調査研究

    「日本における社会的インパクト投資の現状2018」を公開しました!

    • 出版物発行
  2. GSGがG20のDevelopment Working Groupのサイドイベントを開催!
    普及啓発

    GSGがG20のDevelopment Working Groupのサイドイベントを開催!

    • 開催告知
    • セミナー・イベント
  3. The Global Steering Group for Impact Investment (GSG)がインパクト投資の推進に向けて G20 との関与を強化
    ネットワーキング

    The Global Steering Group for Impact Investment (GSG)がインパクト投 資の推進に向けて G20 との関与を強化

    • リリース
    • 海外連携活動
  4. 2018年11月22日に国内諮問委員会第十三回会合が開催されました
    ネットワーキング

    2018年11月22日に国内諮問委員会第十三回会合が開催されました

    • 開催レポート
    • GSG-NAB会合
  5. ネットワーキング

    GSG Impact Summit 2018への社会的企業 ご招待の結果について

    • 海外連携活動
  6. ネットワーキング

    GSG Impact Summit 2018への社会的企業 ご招待のお知らせ

    • 海外連携活動
  7. 2018年6月1日に国内諮問委員会第十二回会合が笹川平和財団にて行われました
    ネットワーキング

    2018年6月1日に国内諮問委員会第十二回会合が笹川平和財団にて行われました

    • 開催レポート
    • GSG-NAB会合
  8. 2018年7月5日に第一回G20ワーキンググループ会合が笹川平和財団にて開催されました
    調査研究

    2018年7月5日に第一回G20ワーキンググループ会合が笹川平和財団にて開催されました

    • 開催レポート
    • 勉強会・ワーキンググループ
  9. 2018年6月20日にUli Grabenwater氏による来日ランチセッションが開催されました
    普及啓発

    2018年6月20日にUli Grabenwater氏による来日ランチセッションが開催されました

    • 開催レポート
    • セミナー・イベント
  10. 普及啓発

    2018年2月19,20日に社会的インパクト投資フォーラム 2018が行われました。

    • 開催レポート
    • セミナー・イベント
1 2 3 4 5 6 7

NEWS

GSG国内諮問委員会の活動に関する最新情報や、
インパクト投資に関するリソースやレポートをご紹介します。

VIEW MORE
その他

チケット購入サイト「Peatix」に対する不正アクセスに伴う事象について(ご報告...

    インパクト投資家なら誰もが悩む!「インパクト評価・マネジメント」を、実践者・関心者が熱く議論:第三回インパクト投資オンラインセミナーを開催(10月21日)
    普及啓発

    インパクト投資家なら誰もが悩む!「インパクト評価・マネジメント」を、実践者・関心...

    • 開催レポート
    • セミナー・イベント
    2020年10月14日に国内諮問委員会第十七回会合が開催されました
    ネットワーキング

    2020年10月14日に国内諮問委員会第十七回会合が開催されました

    • 開催レポート
    • GSG-NAB会合
    ネットワーキング

    GSGグローバルインパクトサミット「Leader's Declaration(リ...

    • 海外連携活動
    多様なセクターの参加者が、インパクト投資の「これまで・今・これから」を熱くディスカッション:第二回インパクト投資オンラインセミナーを開催(8月26日)
    普及啓発

    多様なセクターの参加者が、インパクト投資の「これまで・今・これから」を熱くディス...

    • 開催レポート
    • セミナー・イベント

    インパクト投資の情報を
    SNSでも発信しています

    • facebook
    • youtube